1. 子供の矯正治療
  2. お子さんの矯正治療について

きれいな歯並びと正しい噛み合わせを得るのにもっともリスクなく治療するには、お子さんの時期からあごの成長をコントロールすることです。

お子さん矯正治療と大人の矯正治療のもっとも大きな違いは、この成長を利用できるか否かという点にあります。この時期は、あごを広げ歯と顎の大きさのバランスを整えたり、上顎と下顎の前後的なバランスを整えるのにとても有利です。 結果的に将来、歯を抜かないで矯正治療ができやすくなります。

また、鼻の成長を助け、口元のバランスを良くするのにも非常に有利です。

確かにトータル的な治療期間は、その方が短くていいかもしれません。

しかし、顎の大きさや位置が決まってしまっており成長期のように骨も軟らかくないので結果的に歯を抜いて治療をすることになるでしょう。(全国平均でも大人の矯正治療の時に抜歯して治療する頻度は8割近くになります)

たとえば、口呼吸をしているお子さんで考えてみましょう。普段お口で呼吸してしまっていて鼻で呼吸していないのでお鼻を使っていないため鼻の成長は悪いのです。(矯正であごをひろげると鼻の気道も広がり鼻呼吸しやすくなるのです。)

つまり、矯正治療とは歯並びだけをきれいにするものではないのです。お子さんの矯正治療ではお顔の中で顎や鼻までを含めた顔面1/2を変化することができるのです。

(成長のコントロールはある程度は可能ですが100%できるわけではないので全ての人が理想的になるわけではありません)

お子さんにとって最も効果的な時期に治療を開始させるために、早期に精密検査を行うことをお勧め致します。

TOP